医療レーザーって何が違うの?

レーザー脱毛の特徴とは

レーザーによる脱毛は黒い物に反応するレーザーを使って毛を毛根から破壊して脱毛を行います。毛根から破壊するタイプの脱毛方法なので、一時的な除毛ではなく永久脱毛が可能な施術法です。
ニードル使った方法の脱毛と比べれば痛みは少ないとされているレーザー脱毛ですが、ある程度施術時に痛みが伴います。また場合によっては火傷のような痛みを伴う事があるので注意が必要です。レーザー脱毛は黒い物に反応して毛根を破壊するので、日焼けをしている場合は火傷をする可能性が高いのでレーザー脱毛を受けることはできません。
また毛を剃った直後だと肌の表面に毛がない状態なので、レーザーが反応しない為に脱毛を行えないのである程度伸びた状態で施術を受けないといけません。

医療用と家庭用の違い

レーザー脱毛は必ずしもサロンで行わないといけない訳ではありません。家庭用の自分でできるレーザー脱毛の機材もあるので、それを購入して自宅でレーザーによる脱毛ができるのです。しかしサロンで受けるレーザー脱毛と自宅でできるレーザー脱毛の機械の性能には違いがあります。
医療用のレーザー脱毛は出力が強くて火傷などをするリスクもあります。そのため医療用のレーザー脱毛の機械を使えるのは資格のある者だけに限りられます。
自宅で使えるレーザー脱毛の機械よりも効果の高いレザード端を受けたい場合はレーザー脱毛を行っている脱毛サロンで施術を受けると良いです。サロンで脱毛器では高い効果を得られるだけでなくアフターケアもしてくれるので安心です。

© Copyright Skin Solution.All Rights Reserved.